最後に編集されたのは 管理者
28.12.2020 | 歴史

秘本三国志(四) (文春文庫)

  • 9 読みたい
  • 23 現在読んでいるもの

発行元 陳舜臣 .

    Download 秘本三国志(四) (文春文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 秘本三国志(四) (文春文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 秘本三国志(四) (文春文庫) 無料で, 本の無料読書 秘本三国志(四) (文春文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 秘本三国志(四) (文春文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  陳舜臣
    • レーベル:  文春文庫
    • シリーズ名:  秘本三国志
    • 発売日:  2014年05月28日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000000601
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    いまや天下取りは、曹操と袁紹にしぼられた。曹操のもとに亡命していた劉備は「二人で組んで天下を狙おう」との曹操の提言で、敵陣攪乱のため袁紹軍に走るが……。さあ、いよいよ諸葛孔明の登場! 劉備玄徳の陣営は、関羽、張飛ら豪傑を揃えてはいるが、権謀術数の士に欠けており、劉備はながく参謀ぬきで戦っていたのだ。劉備は孔明を訪ねたが、孔明は会おうとしない。それでも劉備は三たび足を運び、いわゆる“三顧の礼”をもって智将・孔明を参謀に迎えた。

あなたも好きかもしれません

秘本三国志(四)  (文春文庫) by 陳舜臣 ダウンロード PDF EPUB F2