最後に編集されたのは 管理者
17.12.2020 | 歴史

役員1年目の教科書

  • 88 読みたい
  • 67 現在読んでいるもの

発行元 ハンス・ロスリング .

    Download 役員1年目の教科書 本 Epub や Pdf 無料, 役員1年目の教科書, オンラインで書籍をダウンロードする 役員1年目の教科書 無料で, 本の無料読書 役員1年目の教科書オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 役員1年目の教科書 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  星野雄滋, 矢澤浩, 松林和彦, 三村健司, 高橋勲
    • シリーズ名:  役員1年目の教科書
    • 発売日:  2020年05月29日
    • 出版社:  ロギカ書房
    • 商品番号:  7276000084768
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


    なぜ「役員1年目の教科書」という本を執筆するに至ったか、その理由をお話ししたいと思います。

    「役員になれる部長の仕事」や「取締役の役割」といったような本はありますが、役員1年目を対象にしたズバリの本はありません。また新任役員研修を行う教育機関も多く、新任役員は大概そのような研修を受けていることでしょう。

    では、なぜ役員1年目の教科書が必要か。それは経営環境の変化とガバナンスの強化という観点から捉えることができます。企業経営の国際化・ボーダレス化、経営環境の変化が常態化しスピードも速く時に激変する時代、それに呼応する形で進展するAIの活用、一方で価値観や人財の多様性、働き方改革が叫ばれている時代においては、役員1年目から環境変化に対応した経営が求められます。その意味では役員1年目も10年目もその使命と役割に大差はありません。端的に言えば1年目から「経営者の立場」で経営することが必要な時代と言えます

    役員が1人でも過去の延長線上の意識で仕事をしたら、大変化の時代に対応することはできません。1年目の役員でも経営のプロとして、経営にあたらなければなりません。そのためには、役員には、覚悟、胆識が求められ、それを担保する経営力が必要なのです。

    また、1年目の役員が経営の中枢で機能する組織は、役員間の中で刺激と活性化が進み、高齢の役員が、顧問や相談役として長く残るようなこともありません。役員1年目の教科書は、役員会が活性化すること、ガバナンスが一層有効に機能することを目的としています。

    役員1年目から「経営者の立場」で経営するためには何が必要か、その指針を示すことが本書の目的です

あなたも好きかもしれません

役員1年目の教科書 by ハンス・ロスリング ダウンロード PDF EPUB F2