最後に編集されたのは 管理者
27.11.2020 | 歴史

上様の笠 御庭番の二代目 : 3 (二見時代小説文庫)

  • 16 読みたい
  • 46 現在読んでいるもの

発行元 氷月葵 .

    Download 上様の笠 御庭番の二代目 : 3 (二見時代小説文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 上様の笠 御庭番の二代目 : 3 (二見時代小説文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 上様の笠 御庭番の二代目 : 3 (二見時代小説文庫) 無料で, 本の無料読書 上様の笠 御庭番の二代目 : 3 (二見時代小説文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 上様の笠 御庭番の二代目 : 3 (二見時代小説文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  氷月葵
    • レーベル:  二見時代小説文庫
    • シリーズ名:  御庭番の二代目
    • 発売日:  2019年12月06日
    • 出版社:  二見書房
    • 商品番号:  7275442684003
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    路上で浪人が斬られ、懐には血塗れの「目安」。将軍への訴えとは…?


    医学所に通う若き御庭番に、八代将軍吉宗から直命!

    米価高騰に絡む諸悪を暴け。

    世継ぎ家重の小姓で親友の田沼意次と合力して探索!


    宮地加門は、八代将軍吉宗直属の御庭番十七家のひとつ宮地家の二代目。将軍家世継ぎ家重の小姓で親友の田沼意次と町を歩いていた。二人の目の前で、追われてきた浪人が追ってきた男に斬りつけられ倒れた。斬った男は逃げたが、加門らは、血で染まった男を助けて近くの医学所へ。瀕死の男の懐には、将軍への訴えを記した、血塗れの“目安”が……。

あなたも好きかもしれません

上様の笠 御庭番の二代目3 (二見時代小説文庫) by 氷月葵 ダウンロード PDF EPUB F2