最後に編集されたのは 管理者
03.01.2021 | 歴史

百花 (文春e-book)

  • 2 読みたい
  • 3 現在読んでいるもの

発行元 小川糸 .

    Download 百花 (文春e-book) 本 Epub や Pdf 無料, 百花 (文春e-book), オンラインで書籍をダウンロードする 百花 (文春e-book) 無料で, 本の無料読書 百花 (文春e-book)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 百花 (文春e-book) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  川村元気
    • レーベル:  文春e-book
    • 発売日:  2019年05月15日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000005045
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「あなたは誰?」

    息子を忘れていく母と、母との思い出を蘇らせていく息子。

    ふたりにとって忘れることのできない“事件”とは? 現代に新たな光を投げかける、愛と記憶の物語。


    大晦日、実家に帰ると母がいなかった。

    息子の泉は、夜の公園でブランコに乗った母・百合子を見つける。

    それは母が息子を忘れていく日々の始まりだった。


    認知症と診断され、徐々に息子を忘れていく母を介護しながら、泉は母との思い出を蘇らせていく。

    ふたりで生きてきた親子には、どうしても忘れることができない出来事があった。


    母の記憶が失われていくなかで、泉は思い出す。あのとき「一度、母を失った」ことを。

    泉は封印されていた過去に、手をのばす。


    現代において、失われていくもの、残り続けるものとは何か。『世界から猫が消えたなら』『億男』『四月になれば彼女は』の著者、待望の最新刊!

あなたも好きかもしれません

百花 (文春e-book) by 小川糸 ダウンロード PDF EPUB F2

過去の母親の行動が意外すぎ、同性の私からすると、この息子さんのように最後あんなに面倒見れないかもと思う。
よってあまり感動出来ずでした。