最後に編集されたのは 管理者
24.11.2020 | 歴史

かっこうの親 もずの子ども (実業之日本社文庫)

  • 35 読みたい
  • 42 現在読んでいるもの

発行元 柚木麻子 .

    Download かっこうの親 もずの子ども (実業之日本社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, かっこうの親 もずの子ども (実業之日本社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする かっこうの親 もずの子ども (実業之日本社文庫) 無料で, 本の無料読書 かっこうの親 もずの子ども (実業之日本社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 かっこうの親 もずの子ども (実業之日本社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  椰月美智子
    • レーベル:  実業之日本社文庫
    • 発売日:  2015年01月23日
    • 出版社:  実業之日本社
    • 商品番号:  5591207181090
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    迷いも哀しみも、きっと奇跡に変わるーー。幼児向け雑誌の編集部で働く統子は、4歳の息子・智康を保育園に預けながら、仕事と育児に追われる日々を送っている。予定通りには進まない仕事、智康の突然の発熱、保育園からの呼び出し、孫に会いたいとやって来る実母とは気持ちがすれ違い、ママ友との人間関係にヒヤリとする。それでも、智康が見せる笑顔や成長の様子に癒され、親友の朝子と励まし合い、シッターの神田さんの力を借りながら、懸命に過ごす。そんなある日、統子は旅雑誌のグラビアページに智康とそっくりの、双子の少年が載っているのを見つけた。智康の出生には、親にも話していない秘密があった。元夫の阿川は子どもをほしがったが、精液所見で問題が見つかっていたのだ。統子は智康を連れ、写真の撮影地である五島列島・中通島へ向かうがーー。日々を全力で生きる親子たちの姿を通し、命の尊さ、親子の絆、家族の奇跡を描く著者の渾身作。「おかあさん」とかつて子どもだったあなたに贈る感動小説!

あなたも好きかもしれません

かっこうの親 もずの子ども (実業之日本社文庫) by 柚木麻子 ダウンロード PDF EPUB F2