最後に編集されたのは 管理者
03.02.2021 | 歴史

社会という荒野を生きる。 (ベスト新書)

  • 40 読みたい
  • 10 現在読んでいるもの

発行元 落合陽一 .

    Download 社会という荒野を生きる。 (ベスト新書) 本 Epub や Pdf 無料, 社会という荒野を生きる。 (ベスト新書), オンラインで書籍をダウンロードする 社会という荒野を生きる。 (ベスト新書) 無料で, 本の無料読書 社会という荒野を生きる。 (ベスト新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 社会という荒野を生きる。 (ベスト新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  宮台真司
    • レーベル:  ベスト新書
    • シリーズ名:  社会という荒野を生きる。
    • 発売日:  2018年10月13日
    • 出版社:  ベストセラーズ
    • 商品番号:  4915569220001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ・内容紹介

    「いま私たちはどんな時代を生きているのか」「これからの時代で何を大切にして生きていくべきなのか」。

    社会学者・宮台真司が日々のニュースや事件、社会現象をネタに、

    「そもそもなぜそれが起こったのか」を解説しながら、

    現代という社会、また、より良い生き方のスタンスについて詳しく丁寧に説いているラジオ番組

    「デイキャッチャーズ・ボイス宮台真司」。

    「天皇と安倍総理」「民主主義と独裁」「沖縄問題のゆくえ」「ブラック企業」……。

    この社会の本当の「問題の本質」を解き明かす。

    宮台真司の「本質を見抜くニュースの読み方・考え方」が学べる書。

    社会学的知見に基づいたフィールドワークを通して論考した宮台の現代批評は、

    不透明な時代の見晴らしを良くする武器となるはずだ。


    ・著者

    宮台真司(みやだい・しんじ)

    1959年生まれ。社会学者、映画批評家。首都大学東京教授。

    東京大学文学部卒、東京大学大学院社会学研究科博士課程満期退学。

    社会学博士。東京大学教養学部助手、東京外国語大学専任講師、東京都立大学助教授を経て現在に。

    社会システム理論を専門分野とする一方、テレクラ・コギャル・援助交際など、

    サブカルチャー研究でも第一人者に。

    著書に「権力の予期理論」「制服少女たちの選択」「終わりなき日常を生きろ」「日本の難点」

    「民主主義が一度もなかった国・日本」「絶望時代の希望の恋愛学」など多数。

あなたも好きかもしれません

社会という荒野を生きる。 (ベスト新書) by 落合陽一 ダウンロード PDF EPUB F2

過激な思想も、それなりの根拠と説得力があれば読める。宮台先生の著書は幾つも読んで、凄く示唆にみちたいいものがあったと思う。これ、対米○○舐め路線、とかちょっと口が悪い。しかも私は安倍政権には信頼を置いているので、考え方がちがう。しかし、しかし、考え方が違う人の本ぐらい、いくらでも読んできた。なんだか思うのだが、宮台せんせい大丈夫だろうか。