最後に編集されたのは 管理者
18.12.2020 | 歴史

東芝 原子力敗戦 (文春e-book)

  • 48 読みたい
  • 53 現在読んでいるもの

発行元 石井妙子 .

    Download 東芝 原子力敗戦 (文春e-book) 本 Epub や Pdf 無料, 東芝 原子力敗戦 (文春e-book), オンラインで書籍をダウンロードする 東芝 原子力敗戦 (文春e-book) 無料で, 本の無料読書 東芝 原子力敗戦 (文春e-book)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 東芝 原子力敗戦 (文春e-book) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  大西康之
    • レーベル:  文春e-book
    • 発売日:  2017年06月28日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000003738
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    身も心も会社にささげる「サラリーマン全体主義」が企業を滅ぼす。


    「東芝原子力事業の暴走と、それを糊塗するためにほぼ全事業部で行われた粉飾には、何千人もの東芝社員が関わった。(中略)まさに「滅私奉公」「全社一丸」だ。

    そのやり方では、もはやグローバル競争に勝てないことを、我々は知っている」(エピローグより)


    社内で経営陣が交わした粉飾メールをはじめ、数々の内部資料をもとに東芝を追及してきたジャーナリストによる決定版。


    ●目次●

    第1章 原子力ルネサンス

    「テレビやスマホの代わりに原発を輸出すればいい」という経産省の思惑。それに乗った東芝・西田厚聰社長には経団連会長への野心があった。

    第2章 東日本大震災

    次々と水素爆発を起こす福島第一原発。メーカーとして最大の危機を迎えてなお「原発輸出」にまい進する佐々木則夫社長を支えた一人の男。

    第3章 粉飾決算(2013年~2014年)

    買収した米原発機器大手・ウエスチングハウスの減損を隠すため、巨額の粉飾に走る幹部。社内を飛び交うメールからは粉飾指南役の陰も。

    第4章 破滅への道程(2015年~2017年)

    第二の減損発覚で追い詰められた東芝。優良事業の売却を繰り返し、残るのは原発事業のみ。倒産の危機に。

    第5章 原発ビジネスの終焉(1956年~2017年)

    「国策」への協力を決断したかつての東芝社長、土光敏夫と現経営陣の違いは何か。

    第6章 東芝が消える日(2017年~)

    原子力業界には東電を頂点とするヒエラルキーがあり、東電は「東電の正妻」と言われていた。東芝の命運を握る東京電力で、いま何が起こっているのか。

あなたも好きかもしれません

東芝 原子力敗戦 (文春e-book) by 石井妙子 ダウンロード PDF EPUB F2