最後に編集されたのは 管理者
22.11.2020 | 歴史

うつの8割に薬は無意味 (朝日新書)

  • 21 読みたい
  • 93 現在読んでいるもの

発行元 本田健 .

    Download うつの8割に薬は無意味 (朝日新書) 本 Epub や Pdf 無料, うつの8割に薬は無意味 (朝日新書), オンラインで書籍をダウンロードする うつの8割に薬は無意味 (朝日新書) 無料で, 本の無料読書 うつの8割に薬は無意味 (朝日新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 うつの8割に薬は無意味 (朝日新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  井原裕
    • レーベル:  朝日新書
    • シリーズ名:  うつの8割に薬は無意味
    • 発売日:  2016年03月04日
    • 出版社:  朝日新聞出版
    • 商品番号:  4913156790001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    抗うつ薬が本当に有効なのは、うつ病患者の2割にすぎない。しかし医療機関で実際に行われている治療のほとんどは、薬剤を処方するだけ。なぜ、8割の患者は「無意味な」薬を与えられ続けるのか? この現状をもたらせた医学界、製薬業界にどんな問題があるのか? 薬物療法偏重のうつ病治療の実態を徹底批判し、正しい治し方を説く。

    よく知られているように、日本では今、心に病をもつ人が急増している。厚生労働省の患者調査によれば、うつ病(躁うつ病を含む)患者数は2008年に100万人を超えた。「うつは、こころの風邪」キャンペーンと、国際的な「うつ病診断基準」の変更が、うつ病を「身近なもの」にしたからだ。それにともなって、メンタルクリニックも激増した。

    現代人に不安や焦燥感はつきものだが、そんな「悩める健康人」も病人と診断され、長期にわたって無意味な薬を投与されかねない。

    著者は、獨協医科大学越谷病院こころの診療科教授。臨床にも携わる。「うつは生活習慣病」が持論で、本当に患者のためになる治療を教える。

あなたも好きかもしれません

うつの8割に薬は無意味 (朝日新書) by 本田健 ダウンロード PDF EPUB F2