最後に編集されたのは 管理者
10.02.2021 | 歴史

「便利な」保育園が奪う本当はもっと大切なもの

  • 57 読みたい
  • 84 現在読んでいるもの

発行元 原坂一郎 .

    Download 「便利な」保育園が奪う本当はもっと大切なもの 本 Epub や Pdf 無料, 「便利な」保育園が奪う本当はもっと大切なもの, オンラインで書籍をダウンロードする 「便利な」保育園が奪う本当はもっと大切なもの 無料で, 本の無料読書 「便利な」保育園が奪う本当はもっと大切なものオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 「便利な」保育園が奪う本当はもっと大切なもの 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  長田安司
    • シリーズ名:  「便利な」保育園が奪う本当はもっと大切なもの
    • 発売日:  2013年05月31日
    • 出版社:  幻冬舎ルネッサンス
    • 商品番号:  4912066900001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ■内容紹介

    今、保育が危機的な状況に追い込まれている。規制緩和が進み、駅ナカ保育や延長保育などのサービスを推進する企業保育所の増加で便利になる一方で、肝心であるはずの保育の質は低下している。子を持つ親の「親心」はなくなり、秩序を保つ大人たちも減ってしまった。学級崩壊、いじめ、ひきこもり、学力低下、幼児虐待など、日本が抱えている問題の根底は保育教育と行政の施策にある。保育園は決して「親の労働を支える施設」ではない。待機児童解消を大義名分に、親との関わりを軽視した「保育サービス」では、子供たちが「思いやり」を知らない人間に育っていくのだ。現在、八王子で3つの認可保育園を経営する著者が、日本の将来を救うべく企業保育所と保育施策の問題性に正面から切り込み、あるべき保育の姿を説く。


    ■著者紹介

    長田 安司(おさだ やすじ)

    1949年東京都八王子市生まれ。中央大学文学部卒。共励第三保育園園長を経て、1999年より共励第一、共励第二、共励第三の3つの保育園を経営する社会福祉法人同志舎理事長。NPO法人親学会副会長。2003年に「保育園のパラドックス」を新聞紙上で発表。2004年には東京都の福祉施策の問題性に切り込んだ「TOKYO福祉改革STEP2 その問題性について」を発表。『親学のすすめ』(共著・モラロジー研究所刊)では、「幼児教育における親の学びとは何か」を担当。また、共励保育園では、「ごっこ遊び」を通した総合保育を開発し、「ソニー幼児教育支援プログラム優良プロジェクト賞」を受賞している。趣味はリコーダー演奏。テレマンの組曲in A minorをフランス・ブリュッヘンのごとくオーケストラのバックで演奏するのが夢である。

あなたも好きかもしれません

「便利な」保育園が奪う本当はもっと大切なもの by 原坂一郎 ダウンロード PDF EPUB F2

旧来の業界参考書ですが、電子書籍でも書籍でも変わりなく読めています。