最後に編集されたのは 管理者
31.01.2021 | 歴史

戦争の記憶 コロンビア大学特別講義 学生との対話 (講談社現代新書)

  • 79 読みたい
  • 64 現在読んでいるもの

発行元 小熊英二 .

    Download 戦争の記憶 コロンビア大学特別講義 学生との対話 (講談社現代新書) 本 Epub や Pdf 無料, 戦争の記憶 コロンビア大学特別講義 学生との対話 (講談社現代新書), オンラインで書籍をダウンロードする 戦争の記憶 コロンビア大学特別講義 学生との対話 (講談社現代新書) 無料で, 本の無料読書 戦争の記憶 コロンビア大学特別講義 学生との対話 (講談社現代新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 戦争の記憶 コロンビア大学特別講義 学生との対話 (講談社現代新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  キャロル・グラック
    • レーベル:  講談社現代新書
    • シリーズ名:  戦争の記憶 コロンビア大学特別講義 学生との対話
    • 発売日:  2019年07月17日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000060694
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    なぜ人々は戦争の歴史でいがみ合うのか。なぜ各国は戦争の歴史で争うのかーー日本近代史の碩学が学生との対話を通じて「歴史」と「記憶」の意味を深く探っていく。ニューズウィーク日本版で大反響を呼んだコロンビア大学特別授業、待望の書籍化。主な内容「戦争の記憶」の語られ方/「歴史」と「記憶」の違いとは/変化する「共通の記憶」/それぞれの国で語られる「第二次世界大戦」/日系アメリカ人の物語が認知されるまで/「記憶の領域」には四つの種類が存在する/クロノポリティクスーー現在が過去を変える/慰安婦問題が共通の記憶になるまで/誰が記憶に変化を起こしたか/記憶を動かす「政治的文脈」/戦争の記憶は、自国の都合のいい形につくられていく/アメリカが原爆を正当化する理由/自国の「悪い過去」にどう対処すべきか/過去と未来に対する個人の「責任」ほか

あなたも好きかもしれません

戦争の記憶 コロンビア大学特別講義 学生との対話 (講談社現代新書) by 小熊英二 ダウンロード PDF EPUB F2