最後に編集されたのは 管理者
18.11.2020 | 歴史

僕が僕をやめる日 (メディアワークス文庫)

  • 41 読みたい
  • 99 現在読んでいるもの

発行元 斜線堂 有紀 .

    Download 僕が僕をやめる日 (メディアワークス文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 僕が僕をやめる日 (メディアワークス文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 僕が僕をやめる日 (メディアワークス文庫) 無料で, 本の無料読書 僕が僕をやめる日 (メディアワークス文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 僕が僕をやめる日 (メディアワークス文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  松村 涼哉
    • レーベル:  メディアワークス文庫
    • シリーズ名:  僕が僕をやめる日
    • 発売日:  2019年11月22日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4338975100300
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「死ぬくらいなら、僕にならない?」ーー生きることに絶望した立井潤貴は、自殺寸前で彼に救われ、それ以来〈高木健介〉として生きるように。それは誰も知らない、二人だけの秘密だった。2年後、ある殺人事件が起きるまでは……。 高木として殺人容疑をかけられ窮地に追い込まれた立井は、失踪した高木の行方と真相を追う。自分に名前をくれた人は、殺人鬼かもしれないーー。葛藤のなか立井はやがて、封印された悲劇、少年時代の壮絶な過去、そして現在の高木の驚愕の計画に辿り着く。 かつてない衝撃と感動が迫りくるーー緊急大重版中『15歳のテロリスト』に続く、衝撃の慟哭ミステリー最新作!

あなたも好きかもしれません

僕が僕をやめる日 (メディアワークス文庫) by 斜線堂 有紀 ダウンロード PDF EPUB F2