最後に編集されたのは 管理者
09.02.2021 | 歴史

伊豆の踊子 (角川文庫)

  • 10 読みたい
  • 73 現在読んでいるもの

発行元 川端康成 .

    Download 伊豆の踊子 (角川文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 伊豆の踊子 (角川文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 伊豆の踊子 (角川文庫) 無料で, 本の無料読書 伊豆の踊子 (角川文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 伊豆の踊子 (角川文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  川端 康成
    • レーベル:  角川文庫
    • 発売日:  2013年06月27日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4330019409000
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「伊豆の踊子」は著者初期の代表作。主人公の二十歳になる旧制高校生は孤独な心を抱いて、伊豆へ一人旅に出る。そこで旅芸人の一行に出会い、十四歳の薫という踊り子に惹かれる。踊り子の若さと清純さが主人公の歪んだ心をいつしかあたたかくときほぐしていく過程に、青春の感情と慕情が融けあった美しい抒情が漂う作品である。(C)KAMAWANU CO.,LTD.All Rights Reserved

あなたも好きかもしれません

伊豆の踊子 (角川文庫) by 川端康成 ダウンロード PDF EPUB F2

川端康成氏の比較的初期の作品です。一人旅の途中で出会う旅芸人の人々との交流、そして踊子との何とも切ない別れ。たった五日間の出来事を瑞々しく描いた名作です。改めて読み返してみたのですが、こんなにも短い作品だったのかと驚き半ばでした。川端文学の礎と言える見事な一編です。必読といっても過言ではありません。
松本清張の「天城越え」が映画、小説とも大好きで、文庫書評に清張が本作を意識していたとあったので、今更ながら読んでみたが、つまらん。「天城越え」の方が100倍面白い。なんでこの人がノーベル賞取ったのかな?村上春樹が候補になるのもそうだが、「いかにも日本」的な気取った繊細さが、外人に受けるのかな?