最後に編集されたのは 管理者
23.11.2020 | 歴史

さよなら、ビー玉父さん (角川文庫)

  • 38 読みたい
  • 56 現在読んでいるもの

発行元 宮木 あや子 .

    Download さよなら、ビー玉父さん (角川文庫) 本 Epub や Pdf 無料, さよなら、ビー玉父さん (角川文庫), オンラインで書籍をダウンロードする さよなら、ビー玉父さん (角川文庫) 無料で, 本の無料読書 さよなら、ビー玉父さん (角川文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 さよなら、ビー玉父さん (角川文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  阿月 まひる
    • レーベル:  角川文庫
    • 発売日:  2018年08月24日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4337713600300
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    第1回角川文庫キャラクター小説大賞隠し球が、満を持してデビュー。涙なしでは読めない、ダメな父と健気な息子の不器用な物語。【ストーリー】夏のある日、しがない30代男・奥田狐のアパートを訪ねてきた天使。その小さな天使は汗をかきかき顔を上気させ、曇りのない目で狐を見つめるーー天使の名前は遊。離婚により離れ離れになった息子だ。突然現れた息子の登場に、狐に訪れたのは嬉しさより、むしろ得体のしれない者に対峙したときの「恐怖」だった。こうして「ダメ親父」と「天使すぎる息子」のひと夏の生活がはじまったーー自分のことしか愛せないダメ男に、必要以上に気を遣う健気な息子、そんなダメ男をなぜか慕うヤンキー娘、そして、狐のすべてを知る元嫁。親子であって親子でない父と息子は、親子以上に親子な関係を模索するが……? 「アバウト・ア・ボーイ」「とんび」に続く、切ない親子の物語。装画/柳沼行(「ふたつのスピカ」など)クズ男のA玉/少女とサボテン/幸せのバームクーヘン※本作は、第1回角川文庫キャラクター小説大賞応募作「仙人系クズ男のA玉」に書き下ろしの2編を加え、文庫化したものです。

あなたも好きかもしれません

さよなら、ビー玉父さん (角川文庫) by 宮木 あや子 ダウンロード PDF EPUB F2

意味深なタイトルと表紙の可愛い子供の絵。
どんな話なんだろ?と興味が出て購入。
表紙の子供とお父さんの話。
表紙の8歳(父32歳)の頃・12歳(父36歳)の頃・26歳(父50歳)の頃の3つの話が載っています。
両親の離婚後、母に引き取られた息子と離れて暮らす父、それぞれの気持ちの話。
3つの話が全部、えっ、ここで終わるの?って感じで、個人的には物足りなさを感じる部分もありますが、息子サイド、お父さんサイドのどちらに感情移入するか?で感じ方が違うかもしれません・・・。