最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

金子みすゞ ふたたび (小学館文庫)

  • 64 読みたい
  • 69 現在読んでいるもの

発行元 金子みすゞ .

    Download 金子みすゞ ふたたび (小学館文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 金子みすゞ ふたたび (小学館文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 金子みすゞ ふたたび (小学館文庫) 無料で, 本の無料読書 金子みすゞ ふたたび (小学館文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 金子みすゞ ふたたび (小学館文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  今野勉
    • レーベル:  小学館文庫
    • シリーズ名:  金子みすゞ ふたたび
    • 発売日:  2013年01月21日
    • 出版社:  小学館
    • 商品番号:  4321377130001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    天才詩人の心の葛藤を読み解く画期的評伝


    《みんなちがつて、みんないい》のフレーズで知られる「私と小鳥と鈴と」、東日本大震災で傷ついた日本人の心を癒した「こだまでせうか」……。512篇の詩を遺し、26歳で自らの命を絶った金子みすゞ。今もなお愛され続ける数々の詩の裏には、壮絶な心の葛藤があった。

    かつて、ドキュメンタリー番組「こころの王国~童謡詩人・金子みすゞの世界」を手掛けた演出家が、当時謎として残された史実や、調査しきれなかった事実などを、もう一度徹底的に探り、父親の死に関する新事実などを発見。そして当時の習慣や複雑な家族構成など、童謡に詠われた背景を中心に調査することによって金子みすゞという夭折の天才詩人を読み解いていった画期的なノンフィクション。

    天衣無縫に見える金子みすゞの童謡が、なぜに悲しみに包まれていて、人の心を打つのか。3冊の手帳に残された512編の童謡を、テーマ別に分けることによって、金子みすゞが表現したかったもの、それは西方浄土への憧れなのだが、見事に浮き彫りにしている。

あなたも好きかもしれません

金子みすゞ ふたたび (小学館文庫) by 金子みすゞ ダウンロード PDF EPUB F2

心落ち着く作品です。何回読み返しても、いいものです。
購入前に内容をチェックできないので仕方ないですが、詩集と思っていたのがいわゆる解説本だったので、ちょっと、がっかりです。