最後に編集されたのは 管理者
04.02.2021 | 歴史

しくじり家族

  • 10 読みたい
  • 5 現在読んでいるもの

発行元 丸山正樹 .

    Download しくじり家族 本 Epub や Pdf 無料, しくじり家族, オンラインで書籍をダウンロードする しくじり家族 無料で, 本の無料読書 しくじり家族オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 しくじり家族 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  五十嵐大
    • 発売日:  2020年10月31日
    • 出版社:  CCCメディアハウス
    • 商品番号:  4754842022800
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    葬儀はカオス。耳が聴こえない、父と母。宗教にハマる、祖母。暴力的な、祖父。ややこしい家族との関係が愛しくなる。不器用な一家の再構築エッセイ。“ぼくの家族は誰も手話が使えなかった。聴こえない父と母の言語である手話を、誰も覚えようとしなかった。祖母も祖父も、ふたりの伯母も。唯一、家族のなかでぼくだけが下手くそなりにも手話を自然に習得し、両親と「会話」していた。(本文より)聴こえない両親に代わって、ほんの幼いころから「面倒を見る」立場になることが多かった。大人からの電話も、難しい手続きも、わからないなりにぼくが対応するしかなかった。家に祖母の友人などが集まり、楽しそうにしていても、母は微笑んでいるだけだった。社会から取りこぼされてしまう場面が多い母を見て、いつも胸が締め付けられた。どうしてみんな母のことを置き去りにするんだろう。“ふつうを手に入れたかったぼくは、“ふつうを擬態することを覚え、故郷を捨てるように東京に出た。それなりに忙しい日々を送っていたある日、滅多に帰省しないぼくの元に、伯母からの電話があった。「あのね、おじいちゃん、危篤なの」……。

あなたも好きかもしれません

しくじり家族 by 丸山正樹 ダウンロード PDF EPUB F2