最後に編集されたのは 管理者
22.11.2020 | 歴史

[新訳]大学・中庸

  • 43 読みたい
  • 9 現在読んでいるもの

発行元 矢羽野 隆男 .

    Download [新訳]大学・中庸 本 Epub や Pdf 無料, [新訳]大学・中庸, オンラインで書籍をダウンロードする [新訳]大学・中庸 無料で, 本の無料読書 [新訳]大学・中庸オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 [新訳]大学・中庸 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  守屋洋
    • 発売日:  2014年04月18日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000002476
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    日本の先人たちは、この国の素晴らしい伝統をつくる上で、中国伝来の儒教(儒学)から多くのことを学んだ。儒教の教えを金科玉条のごとく鵜呑みにしたわけではなく、採るべきは採り、捨てるべきは捨て、そのエッセンスを吸収したのである。こうしてつくられた伝統が明治という国家をつくり、その流れが曲りなりにも昭和まで受け継がれてきたと言ってよい。今、日本人がなすべきことは何か。アメリカに学ぶのもいい。新しい道を探すのもいい。しかしそのまえに、先人たちの残してくれた素晴らしい伝統に目を向け、受け継ぐべきものはしっかりと受け継いでいくことではないかと著者は言う。仁・義・礼・智・信などの人間の徳について説いている本書には、現代人が学ぶべき人としての道と徳のあり方など大切な先人たちの教えが、新訳を加えて数多くちりばめられている。 

あなたも好きかもしれません

[新訳]大学・中庸 自分を磨いて人生を切りひらくための百言百話 by 矢羽野 隆男 ダウンロード PDF EPUB F2

中道、中庸は、今の世界に求められている概念ですね。
アメリカや中国では、独裁者みたいな人間がトップに立って、滅茶苦茶な事をやっていますからね。
今こそ、中道、中庸の概念が大事です。
日本でも、極右と極左が出てきて、ポピュリズムみたいな人間が人気が出てきています。
中道=物事のバランスを取り、真ん中を言うこと。
中庸=中道をさらに、高いレベルで、実現すること。アウフーベンをさらに、高いレベルで、実現し、いろんな考えの中道を行くことである。
こういう考えが今の政治に全く、欠けているので、話にならない。
アメリカ、中国、ロシアなど、独裁者がトップにいて、その独裁者を、ほめる傾向まであるので、話にならない。
人間の世界は、馬鹿だが、将来に向かって、少しずつ、前進していると思うから、人類は救われているのである。
それが、後退現象みたいな独裁者が出てきて、新型コロナが蔓延しているのに、G7が開けず、人類が全く、結束して、新型コロナに対応できていない。
本当に、情けない。
頼むから、トランプ大統領には、次の選挙で、負けてほしい。
これで、トランプが続投するなら、世界は、最悪の局面に入り、アメリカは、もう、民主主義のリーダーとしては、なくなると思う。