最後に編集されたのは 管理者
17.11.2020 | 歴史

コーヒーが廻り世界史が廻る 近代市民社会の黒い血液 (中公新書)

  • 1 読みたい
  • 6 現在読んでいるもの

発行元 旦部幸博 .

    Download コーヒーが廻り世界史が廻る 近代市民社会の黒い血液 (中公新書) 本 Epub や Pdf 無料, コーヒーが廻り世界史が廻る 近代市民社会の黒い血液 (中公新書), オンラインで書籍をダウンロードする コーヒーが廻り世界史が廻る 近代市民社会の黒い血液 (中公新書) 無料で, 本の無料読書 コーヒーが廻り世界史が廻る 近代市民社会の黒い血液 (中公新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 コーヒーが廻り世界史が廻る 近代市民社会の黒い血液 (中公新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  臼井隆一郎
    • レーベル:  中公新書
    • シリーズ名:  コーヒーが廻り世界史が廻る 近代市民社会の黒い血液
    • 発売日:  2013年11月01日
    • 出版社:  中央公論新社
    • 商品番号:  4912253360001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    東アフリカ原産の豆を原料とし、イスラームの宗教的観念を背景に誕生したコーヒーは、近東にコーヒーの家を作り出す。ロンドンに渡りコーヒー・ハウスとなって近代市民社会の諸制度を準備し、パリではフランス革命に立ち合い、「自由・平等・博愛」を謳い上げる。その一方、植民地での搾取と人種差別にかかわり、のちにドイツで市民社会の鬼っ子ファシズムを生むに至る。コーヒーという商品の歴史を、現代文明のひとつの寓話として叙述する。

あなたも好きかもしれません

コーヒーが廻り世界史が廻る 近代市民社会の黒い血液 (中公新書) by 旦部幸博 ダウンロード PDF EPUB F2