最後に編集されたのは 管理者
23.12.2020 | 歴史

週刊誌記者 近松門左衛門 最新現代語訳で読む「曽根崎心中」「女殺油地獄」 (文春新書)

  • 79 読みたい
  • 13 現在読んでいるもの

発行元 渡辺保 .

    Download 週刊誌記者 近松門左衛門 最新現代語訳で読む「曽根崎心中」「女殺油地獄」 (文春新書) 本 Epub や Pdf 無料, 週刊誌記者 近松門左衛門 最新現代語訳で読む「曽根崎心中」「女殺油地獄」 (文春新書), オンラインで書籍をダウンロードする 週刊誌記者 近松門左衛門 最新現代語訳で読む「曽根崎心中」「女殺油地獄」 (文春新書) 無料で, 本の無料読書 週刊誌記者 近松門左衛門 最新現代語訳で読む「曽根崎心中」「女殺油地獄」 (文春新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 週刊誌記者 近松門左衛門 最新現代語訳で読む「曽根崎心中」「女殺油地獄」 (文春新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  小野幸惠
    • 編集:  鳥越文蔵
    • レーベル:  文春新書
    • 発売日:  2016年07月29日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000003175
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「日本のシェイクスピア」とたたえられる近松門左衛門は、週刊誌のエース記者だった!?


    心中事件があったと聞けば駕籠で駆けつけ、遺体を見ては、事件の翌週に舞台にかける。

    恋、心中、姦通、横領、強盗、殺人……近松の描いたものは、いずれも「俗」の極致。

    その「俗」にジャーナリスティックな視線で鋭く切り込み、人間の本質を描くことで、

    近松は「俗」を「俗」に終わらせず、文学の高みにまで押し上げた。


    町人の恋愛や風俗を描いた人形芝居のため「世話浄瑠璃」、その近松の初作となる『曽根崎心中』。

    元禄時代の衝動殺人という衝撃的な事件を扱った『女殺油地獄』。

    近松の代表作ふたつを取り上げ、平易な現代語に翻訳。日本人なら読んでおきたい近松作品を味わえる一冊。

あなたも好きかもしれません

週刊誌記者 近松門左衛門 最新現代語訳で読む「曽根崎心中」「女殺油地獄」 (文春新書) by 渡辺保 ダウンロード PDF EPUB F2